【保存版】Corsair(コルセア)キーボードを保証期間内での返品交換の手順をご紹介します

ゲーミングデバイスメーカーとして有名なCorsair、PCゲームをする方なら一度は聞いたこともあると思います。私自身もコルセアのキーボード(K65 RAPIDFIRE)などを使用しています。今回は実体験をもとにAmazonで購入したコルセアの製品で故障などで保証シールが無いかた向けにもカスタマーサポートへの問い合わせ方法を紹介します

保証対象であるかの確認

保証期間内に普通に使用していて不具合が起きた場合は交換対応が可能ですが、以下の条件の場合は返品交換ができない可能性が高いです

  • 落下・衝撃、水などの液体こぼれ、水没等により発生した故障・損傷、その他、弊社にて、人為的な物理的損傷を確認した場合。
  • 誤った接続方法、使用方法により発生した故障・損傷の場合。
  • 著しくほこり、タバコのヤニなどの汚れが認められる場合。
  • 経年劣化による外観の劣化の場合。
  • 製造メーカー、弊社以外で分解・改造・調整・部品交換がされた場合。
  • 火災・地震・水害・落雷・その他の天災や異常電圧等による故障・損傷の場合。
  • 製品にシリアル番号が貼付されていない場合。汚損等によりシリアル番号が確認できない場合。
  • 製品保証書シール、販売証明書の提示が無い場合。
  • 製品保証書シール、販売証明書、シリアル番号に改竄の形跡が認められる場合

基本的には普通の使い方をしていて保証期間内であり購入したことを証明できれば保証対象ですのでご安心ください。

返品の問い合わせ方法

実店舗で購入した場合

電話で不具合の説明をし返品交換が可能であるかご確認ください。
可能である場合以下の物を用意してください。

  • 故障製品 弊社製品保証書シール(製品外箱に貼付) ※2枚組以上のメモリ製品は必ずすべてのメモリをセットでご用意ください
  • 販売証明書(レシート等、製品名及び購入年月日を証明できるもの) ※永久保証の製品でも販売証明書は必要となります。
  • 症状記載用紙

以上で店舗が責任もって返品対応していただけると思います。

Amazonで購入した場合

リンクスインターナショナル保証シールがある場合

商品のシュリンク部分や外箱にリンクスインターナショナル保証シールがある場合にはリンクスインターナショナルの問い合わせフォームに連絡していただき返品作業を進めてください。

リンクスインターナショナル保証シールがない場合

Corsairのホームページの問い合わせフォームに連絡をして返品作業を進めていきます。

問い合わせの対応は外国の方がメッセージを日本語に翻訳をして対応してくれます

問い合わせフォーム内での疑問に思いやすいところを抜粋して紹介していきます。

最初の項目は「トラブルシューティング-テクニカルサポート」を選択してください。

件名・説明の書き方

問い合わせを担当してくれる方は外国の方でしたが日本語で件名・説明を送っていただいても問題ありません。おそらく日本語を翻訳して対応してやり取りをしていただけてるのだと思いますので、分かりやすい日本語を使った方がいいと思います

説明は出来るだけ状況を詳しく分かりやすく伝えてください。キーボードのリセットやUSBの差しなおしなど自分でした対応も説明するといいと思います。

Amazon注文番号を記載しておくと保証対応がスムーズに行えると思います。

Amazon注文番号は「購入履歴」から確認できます

例として私が実際に送った文章を紹介します

件名

 キーボードの特定のキーの特定の色が点灯しません

説明

症状が出始めた最初は「S」と「D」と「F」の青色のライトが点灯しませんでした。
一週間ほどしたら先ほどのキーのライトは直ったのですが次に「2」と「FN」が青色のライトが付きません。
ライトの色を赤だけにすると「23456」がちかちか光ります
キーボードのリセットやUSBを差しなおしても直りませんでした

Amazonで購入し保証期間内のため、ご対応の程よろしくお願いします。

Amazon注文番号:123-4567890-1234567

「iCUEバージョン」の確認方法を紹介していきます

1. 「iCUE」を起動して右上の歯車をクリックしてください

2.「ソフトウェアアップデート」を選んで「iCUE ソフトウェア」の「コア,v」の先の数字がいくつかを確認して「iCUEバージョン」を選択してください

シリアル番号の確認方法

キーボードの裏側にラベルが貼ってあり「S/N」から右側の数字がシリアルナンバーです。

メールでのやり取り

ここでは私が実際にやり取りをした流れを簡単に紹介していきます。
私はGmailを使てやり取りをしました。

今回紹介するのは私が実際に話した内容ですので、多少対応の違いなどあるかもしれません。

コルセアサポート

キーボードのソフトリセットを試して頂ける手順を添付しておきます。
キーボードをリセットする
上記の手順がきかなかった場合は、キーボードのファームウェアをアップデートできる方法がございます。
上記の手順がきかなかった場合は、あともう一つのアップデート方法がございます。
上記の手順がきかなかった場合は、ご連絡ください。

セア

教えていただいた方法をすべて試しましたが改善しませんでした。

コルセアサポート

キーボードが反応しなくなっているところを動画に撮って頂き、送って頂いてもよろしいでしょうか?

Gmailだと動画など25MB以上の大きな容量のデータは送信できませんので、その対処法を今からご紹介します

Gmailでは、25MB以上のファイルを送る場合は、「Googleドライブ」を利用してファイルを送ります。

1.Googleアカウントでログインし「Googleドライブ」を開いてください。

2.PCの方は画面左上の「+新規」を押して「ファイルのアップロード」を選択し動画をアップロードしてくだし。
スマホの方は画面右下の「+」を押して「アップロード」を選択し動画をアップロードしてください。

3.Gmailを開き先ほどアップロードした動画を送信してください。

PCの場合

三角形のような形をしている「ドライブを使用してファイルを挿入」と表示されるボタンを押してください。

送る動画を選択して「挿入」を押してください。

画像のように送り先に動画のアクセス権を許可するように求められるので特になにもいじらず「送信」を押していただけたら動画をメールに添付することが出来ます。

スマホの場合

画面右上のクリップのマークのボタンを押してください。

「ドライブから挿入」を選択してください。

マイドライブを選択してください。

送る動画を押して「選択」を押してください。

画像のように「共有オプション」と出てくるのでなにもいじっていなければ画像と同じようになっていると思うので「送信」をおしてください。
これで動画をメールに添付することが出来ます。

4.以上で動画を送ることが出来ます

セア

上記の方法で動画を送信しました。

ここのメッセージは重要なので細かく紹介します

コルセアサポート

参考動画を拝見させて頂いたところ、製品の交換対応をさせて頂きたいと思いますが、日本内で弊社の製品取り扱いを行っている会社もございますので、日本内での返品交換についての情報を紹介させて頂きたいと思います。
 
場合によっては返品交換の対応が必ずされるかどうかはわかりませんが、販売元と出荷元がAmazon.co.jpの製品に関しましては、代理店シールが当製品の外箱に貼られていない場合でも、リンクスインターナショナルでの返品交換が可能となっている場合がございます。リンクスインターナショナルを通じての返品交換は日本内での返品交換となり、お客様の返品交換がより安くより早く行われる可能性があると思われます

リンクスインターナショナル・株式会社アスクにお問い合わせして頂きました場合でも、弊社での返品対応がご希望でしたら、住所などの情報をお伝えいただければ幸いです。

要約すると「代理店シールが無い場合でも国内での返品交換が可能な可能性が有る」ということです。

コルセアのサポートから今回のようにリンクスインターナショナルでの返品交換が可能となっている場合があると紹介された場合に限ると思いますので必ず代理店シールが無い方はまずコルセアのサポートに連絡をしてください

返品交換の手順を紹介「リンクスインターナショナル」の場合

1.コルセアからリンクスインターナショナルに連絡をするように紹介されたことを説明してください

例として私が実際に送った文章を紹介します

件名

キーボードの返品対応の件でコルセア本社からここに連絡とのことでご連絡しました

問い合わせ内容

アマゾンで購入したCORSAIR K65 RAPIDFIRE (コルセアK65ラピッドファイヤ)のライティングが不安定でコルセア本社に連絡をしました。
キーボードのリセットなど色々な工程を試すよう言われリセットの作業を行っていました。最終的にハードリセットを行うように言われそれを行ったのですが、ライトが一部点灯しなくなってしまいました。

日本での場合は外箱の保証シールがない場合でも「販売元と出荷元がAmazon.co.jpの製品に関しましては、代理店シールが当製品の外箱に貼られていない場合でも、リンクスインターナショナルでの返品交換が可能となっている場合があります」との事でコルセアのサポートからリンクスでの返品交換をしていただけるよう問い合わせるよう言っていただいたのでご連絡させていただきました。
コルセア本社に問い合わせたキーボードは状態的に返品交換が可能との事でしたのでよろしくお願いします。
キーボードは保証期間内でAmazonの注文番号は、
「Amazon注文番号:123-4567890-1234567」
です。

キーボードのシリアル番号は「014722257314」
です。
よろしくお願いします。

2.リンクスインターナショナルから返品交換が可能であるかメールの確認

例に私がいただいたメールの一部を紹介します

リンクス

こちらはメーカーから直接仕入れてAmazonで販売しているもので、本来サポートもメーカー直接になりますが、
メーカーからの要望で場合によっては弊社の方での修理・交換対応も可能です。
今回は弊社にて対応させていただきます

弊社で製品一式をお預かり検証後、不具合が確認された場合は、基本的に交換での対応となります。
お手数ですが、下記を同梱して弊社宛てに製品を送付いただければ幸いです。
・販売店発行の納品書等の購入証明書のコピー
・お名前、ご住所、ご連絡先、本メールのお問い合わせ番号を記入したメモ用紙
・メールの印刷が可能な場合は本メールの印刷物

※発送先
 リンクスから指定された住所

※弊社でのお預かりは修理扱いでのお預かりとなります為、
 送料につきましては片道負担(元払い)にてお願い申し上げております。
 運送会社や運送方法の指定等はありません。
 弊社からの完了品発送時は弊社負担にて発送致します。

3-1.リンクスで返品交換が可能な場合は指定された物を用意して指定された送り先にキーボードを送ってください。

3-2. リンクスでの返品交換が難しい場合はコルセアでの返品交換になります。

4.返品交換が完了

返品交換の手順を紹介「コルセア」の場合

1.コルセアでの返品交換を希望してください

2.住所と電話番号を送るように指示されますので従ってください。

コルセアサポート

-お客様のご住所と電話番号のご確認(次の手本を使って頂き、ローマ字でご記入頂けると幸いです)

Full Name(フルネーム):
Street Address Line 1(番地1):
Street Address Line 2(番地2):
Street Address Line 3(番地3):
City/Town(市区町村):
Prefecture(都道府県):
Postcode(郵便番号):
Country(国):
Telephone(電話番号):

3.キーボードをコルセアの海外倉庫に送ってください

海外に発送となるためそれなりの送料がかかると思いますが、またキーボードを買いなおすよりは安いと思います。

送料は郵便局のサイトから確認できます

海外への発送も郵便局で出来ます

4.返品交換が完了

まとめ

今回は実際に私が問い合わせた内容と手順の一部をご紹介しました。
私のようにAmazonで購入した商品に代理店シールが無い人もいると思いそうゆう方にも返品交換ができるかもしれないと希望になってくれたらいいなと思い記事を作成しました。

返品交換で困っている人がいたらこの記事を紹介していただけたら嬉しいです。

なにか細かい点などで気になることがありましたらX(旧Twitter)でDMなどいただけましたら力になりたいと思います!

シェアしてね!

1件のコメント

amazonで購入したRM850(2019)(シール無し)が故障したため、記事を参考にコルセア・リンクスに連絡したところ、無事リンクスにて交換対応してもらえました。
記事のお陰でスムーズにやり取りできました。ありがとうございます。

故障発生から4週間で交換品が届き復旧しました。
交換品はRM850eだったので故障品より新型ではあるのですがグレードは少し落ちました。(無印品薄の影響?)

リンクスへ連絡した際、返信はちょっと待たされたので(8営業日)少し焦りました。
曰くamazon販売コルセア電源の仕入れ元はリンクス・アスク・コルセアの3社が入り混じっているので確認作業が長引いたとのこと。
故障品発送から交換品到着はスムーズでした(土日祝含め11日)。

リンクス対応になるまではそれなりに時間がかかる上、今回は厳密には同型品交換ではなかったので、直近で電源の交換保証を受ける方は注意が必要かもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です